寒い季節に脇が臭うのは何故?冬ワキガの原因を徹底調査!

寒い季節に脇が臭うのは何故?冬ワキガの原因を徹底調査!

冬ってあまり汗をかかないのに、ワキガのニオイを強く感じる時ってありませんか?

実は、冬の汗にはニオイが強くなりやすい原因が隠されており、夏とは違うんです!

ですから、冬も夏同様にしっかりとニオイ対策をする必要があります。

 

・寒くなると脇のニオイが気になる

・夏は臭くないのに、冬はなぜ脇が臭いのか

・どうすれば、脇のニオイを抑えられるのか

 

こんな悩みを持った方のために、『冬ワキガの臭いの原因と対策』についてご紹介します。

少しでも興味のある方、悩みのある方はぜひ、参考にしていただければと思います。

 

冬と夏で汗の成分が違う?

そもそも冬と夏で汗に違いがあるの?と思う方も多いのではないでしょうか。

実は、同じ体から出る汗でも、季節で成分が違ってきます。

なぜなら、寒くなると汗腺の働きが悪くなるからです。

 

なぜ寒くなると汗腺の働きが悪くなるのか

 

汗腺がよく働いていると、含まれる塩分やミネラルが体内に再吸収されサラサラな良い汗となります。

これは、ほとんどが水分で出来たものであり、汗腺の働きが良い証拠です。

夏は発汗量は多いものの、暑さにより汗腺の働きが良く、サラサラっとした汗がすぐに乾き、雑菌の繁殖になりにくい性質を持っています。

それに、汗腺の働きが良いことで、体内に溜まってある塩分やミネラルを含む汗が体外に排出され、機能が維持されます。

汗腺機能サイクルを維持することが大切なのです。

一方で、寒い時期は汗腺の働きが一年のうちでもっとも悪くなる季節です。

冬は夏より汗をかく機会は少ないですよね。

このように、汗の分泌量が少なくなることで汗腺の働きが弱まり含まれる塩分やミネラルの再吸収をするサイクル機能が低下するため、ベタベタとした悪い汗になります。

それに、雑菌の繁殖を引き起こす原因に繋がるということです。

そして、ワキガの原因にもなる、皮膚上での雑菌繁殖のリスクが高まります。

 

冬ワキガの原因は汗腺の働きが悪くなるだけではないのです。

 

冬は夏より乾燥し、体内の水分量が減る

寒い冬の季節は湿度が低下し乾燥しますし、暑い夏の時期に比べて、喉が渇いて水分を多く摂りますよね。

先程も述べた通り、水分が多いほどサラサラの汗となります。

つまり、冬は水分の摂取量が少なく体内の水分量が減るため、水分の少ない汗となり、結果的に塩分やミネラルが濃くベタっとします。

冬の汗のデメリットについてまとめると以下のようになります。

・汗の量が少なく、体内に塩分やミネラルといった老廃物が残りやすい

・寒いため汗が乾きにくい

・水分摂取量が少なく汗に含まれる水分が少ないため、ベタっとする

・ベタっとすると塩分やミネラルが濃く皮膚上に雑菌のエサが残りワキガを高めるリスクがあります。

 

寒い季節のニオイ対策

 

成分の違いや、水分量が少ないなどによりニオイが強くなることを説明しましたが、原因はこれだけではありません。

冬だからこそ起こる強いニオイの原因と対策についてご紹介します。

 

2,3枚と重ね着が原因

寒い季節になると、下着にヒートテックや、セーター、それにダウンジャケットを着たりと、必ずと言っていいほど寒さ対策で厚着をしますよね。

寒さをしのぐ人間にとって、生きる上で必要不可欠なことでありごく自然なことです。

それに、『厚着をして、暖房と人混みの冬の満員電車に揺られていると、脇が蒸れてきてツンとするニオイがしたことがある』という方はいませんか。

実は、厚着をすることで汗腺機能サイクルを低下させて強いニオイを発しているのです。

なぜなら、厚着をする冬は、夏と違って全身の汗が少ない分、わきの下などアポクリン腺が集中する場所にかくことが多く、強いニオイが発生するからです。

強いニオイの原因となる汗のミネラル濃度を検査したところ、11月は7月の2倍もミネラル成分が濃かったという研究報告も出ています。

また、洋服の生地にも強いニオイとなる原因が隠されています。

ウールやカシミアなど暖かさを重視した生地を使い、発汗性には優れない洋服がほとんどです。このような生地は、通気性が悪く蒸れやすいため汗をかいても内部にとどまってしまし、強いニオイの原因になります。

特に脇は蒸れやすく、ワキガのニオイの元となる雑菌が繁殖しやすい環境を作り出す原因となってしまいます。

それに、セーターや、カシミアはデリケートな素材のため、夏のように1度来たら洗濯するという習慣は少数派のようで、何回か着てから洗濯するという人が多いのではないのでしょうか。

ですから、洗濯をしなければもちろん汗やニオイ、雑菌が衣服についたままになりニオイを発する原因になります

 

・汗脇パッドで衣類に汗がつかないようにする

・同じ衣類を着回さないようにする

 

水分を多めにとる

汗に含まれる水分量が多いことで、サラッとした臭わない汗になります。

ですので、水分を多くとる必要があります。

体内にある水分が不足してくると、汗や尿な必要な水分は体内に留めようと機能します。

これにより、体内に溜まった老廃物が長期間居座ることで、体臭や細胞の劣化を助長させる原因になっています。

もともと人間の体には、約10リットルほどの水分が常時ありますが、水分を取ってしばらくするとトイレに行きたくなりますよね。

あれって、取り込んだ水分が排出されるわけではありません。

実は、体内に居座っている古い水分が、新たに取り込んだ水分に押し出されて排出されたものです。

つまり、多くの水分を取ることで古い水分を排出し、古い水分が体内に居座る時間を極力短くすることで、体内は常に綺麗な水分状態、すなわち体臭や細胞の劣化を遅らせることにつながります。

 

水分はこまめに摂り排出回数を増やすことが臭わない汗を作るのに大切です。
     

SMELLは体臭や口臭、その他ニオイについてのお悩み相談を受け付けています。

お気軽にお友達追加どうぞ!
 

友だち追加  

▼instagramはこちらからフォローできます!