自分では気づきにくい、頭が臭い原因とは

自分では気づきにくい、頭が臭い原因とは

夏のジメジメする季節が終わり、これから寒い季節になっていきますが、満員電車に乗った時にこんなことを感じませんか。

「前の人の頭が臭い」と。

日常生活では他人の頭が目の前に来るシーンはあまりないと思いますが、満員電車や人混みのエレベーターなどではこういうことは経験があるかと思います。

さらに、加齢臭とのダブルワークをお持ちの方の目の前にいると、不快度が高まり余計逃げ出したくなりますよね。

実は、あ・な・た・も加害者になっている可能性がありますよ・・・

ちょっとホラーみたいになりましたが、本当に言えることなのです。

そこで、自分が周りから「あいつ臭い」とか言われないように、日頃からできることや、どうして頭が臭うのかについての原因と対策を解説していきます。

 

どうして頭が臭いんだろう?その原因とは

頭のニオイの原因は汗や髪の汚れ、そして頭皮から分泌される皮脂などが挙げられます。

また、髪そのものには臭いがなく、焼肉を食べたあとに髪が臭くなるように、周りからのニオイが髪に付着して臭うのです。

満員電車や人混みのエレベーターで臭う、あの嫌なニオイは頭皮から分泌される皮脂によるものなのです。

ちなみに皮脂自体にもニオイはありません。

皮脂をエサに雑菌が繁殖するため、イヤな臭いを引き起こすのです。

では、シャンプーして皮脂を落とせばいいかというと、そうとも限りません。シャンプーのし過ぎが原因で臭ってしまうこともあるのです。

何度もシャンプーをすることで、頭皮の皮脂が少なくなると、頭皮は乾燥に傾いてしまいます。

すると頭皮から皮脂が余計に分泌されます。そして、頭皮に元々いる常在菌が皮脂を食べることで、臭い物質を放出してしまうのです。

シャンプーのしすぎには注意しましょう。また、よくやりがちな朝シャンも髪の洗いすぎに繋がりかねないので洗いすぎには注意し、髪の臭いが気になる方は髪にシュッと吹きかける香り付きのスプレーなどが効果的です。

自分の頭の臭いに気づいている?

外に出る前に自分の頭のニオイを確認しておきたいですよね。しかしながら、ワキや足などと違って頭を直接嗅ぐことはできないですよね。そこで、自分の頭の臭いを確認する方法をご紹介します。

頭皮を指でこすってみる

まず、頭皮のニオイを確実に分かるために、手に香水や石鹸の匂いなどがついていないことを直接手を臭って確認しましょう。その後、髪の毛でなく頭皮を何度か指でこすってみて、指先の匂いを嗅いでみましょう。これで、他の人が感じているニオイを自分で感じることができます。

頭を縦に振る

女性で髪が長い方はそのまま鼻に持ってきて直接髪をかぐことはできますね。これは子供の頃にやっていた方も少なくないのでは?お空を見上げてそのまま頭を振り下ろし、またすぐにお空を見上げる感じで頭を動かします。反動で目の前に映し出される頭の残像を嗅ぎます。少しコツが要るかもしれませんが、今吸っている空気と違うニオイがしたら嗅げている証拠です。

また、何回もやると首を痛める原因になるので、やる前には首を上下左右に回してストレッチを行うように。また、やりすぎには注意が必要です。

人に直接嗅いでもらう

もちろん前提として信頼がある人にお願いしましょう。いくらパートナーでも直接嗅いで、その後のムードやふたりの関係にキズが入り兼ねないので、人選びは慎重に行いましょう。また、頭を嗅いでもらう時のお願いの仕方や、嗅いでもらったあとにはきちんとしたお礼を忘れずに。

二度と頭が臭いと言わせないための予防方法とは

それでは、自分が加害者にならないためにどのような対策をとれば良いのかをご紹介します。

シャンプーは気になる時のみ

シャンプーは多くても1日1回が目安です。特にニオイが気にならないときは無理にシャンプーを行う必要はありません。また、低刺激やオーガニック系のシャンプーもあり、なで洗いするだけで、頭皮の脂をしっかりと落とすことができ、頭皮の洗い過ぎを防いでくれます。シャンプーの種類を変えてみるのも良いかもしれませんね。

普段からストレスを溜めない

ストレスが原因でホルモンバランスが崩れ、頭皮の分泌が多くなり結果ニオイの原因になります。日頃からの心のケアを行うことで自然と頭皮の臭いを抑えることにつながります。

食生活を見直す

食べるもので体臭は変わってきます。頭皮にも同じことが言えるのです。ですので、食生活を見直し、体臭を軽減させることで普段気づきにくい頭のニオイも同じく軽減できることでしょう。

「なかなか食の改善はすぐには厳しい」という方も中にはいると思います。ご安心を。今の食生活の状態でもドリンクや、サプリメント等の一口追加で体臭が軽減するものもありますので、是非チャレンジしてみてください。

まとめ

いかがでしたか。少しでもニオイによる加害者を減らすことでそれによる被害者も少なくなります。まずは自分からニオイ対策を行い、頭のニオイによる加害者にならないようにしましょう。

     

SMELLは体臭や口臭、その他ニオイについてのお悩み相談を受け付けています。

お気軽にお友達追加どうぞ!
 

友だち追加  

▼instagramはこちらからフォローできます!