外国人の体臭はなぜ強い?日本人女性の意見と、その理由4つ

外国人の体臭はなぜ強い?日本人女性の意見と、その理由4つ

外国人といえば、ニオイが強いを連想しませんか?なぜニオイが強いのか、その理由と女性の意見を解説します。

 

外国人の体臭はなぜきついのか

外国人の香りについて、街の声を調査した結果をまとめました。

傍を通るだけで外国人の方が遠ったなと直ぐにわかりますね。いい匂いと思う人もあれば、ニオイが強くてちょっと・・・と思う人もいます。ニオイはほどほどにが一番ですね。(20代・女性)

なぜあそこまで香り付けしているのかがわからない。その国特有のニオイって感じで、海外に行ったりすると特に思いますね。日本がニオイに鈍感なのかもしれませんが。(30代・女性)

一度外国人の方と知り合ってプレイしましたが、あの時の匂いは忘れないですね。外国人の方がそばを通る度に匂いでその時のことを思い出します。匂いでさらに興奮したっていうか、日本人にないモノを持っていますね。(20代・女性)

多くの方が”いい匂いがする”や、”ニオイが強くて外国人てすぐわかる”といった印象をお持ちのようです。

外国人の体臭がきつい・4つの理由

なぜ、あそこまでニオイが香るのか?ニオイを強くする必要があるのでしょうか。考えられる理由は次の5つです。

理由1.日本に比べて、ワキガ率が高い

アメリカ人を例にしてみましょう。

アメリカ人の中にも、体臭が強くない人も中にはいますが、なんと、ワキガの人の割合が約70%に上ると言われています。

これは、体質や食文化の違いによるものも影響し、日本人に比べるとアポクリン腺が多いアメリカ人はそれだけワキガになりやすく、さらに動物性タンパク質や糖質の多い食事を好むため、臭いも強くなると言われています。

理由2.日本人のニオイが薄すぎる

日本人のワキガの人の割合は10%程度であり、アメリカ人と比べるととても少ないのです。ですので、日本人は体臭が薄いぶん香りに敏感なので、外国人の人のニオイが強いと思うのも自然なことかもしれません。

理由3.デオドラント教育の発達

日本にはあまり馴染みがありませんよね。子供の頃は体臭にはあまり縁がなく、思春期になるにつれてニオイが気になりはじめ、脇のニオイや体臭が気になり自らニオイケアを行う方が大半です。また、ワキガ率が少数派であること、ニオイに対していいイメージがない日本人だからこそ、自分で気づくまではニオイに関する問題意識を持たないのではと思います。

一方でアメリカではワキガ率は約70%であることから、このニオイに対する問題を持つのが当たり前のようで、成長する上で当たり前のこととして考えられています。ですので、体臭がみられるようになった年齢の子にたいして、親はエチケットの一貫としてデオドラントについての教育を行います。

アメリカでは、エチケットが不十分な場合は怒られることだってありますし、最低限の身だしなみとして体臭対策を行うのが一般的なのです。

理由4.本能と習慣

ニオイの教育という基礎を学んできたからこそ、その先に応用があるのだと思います。日本人でも、女性が好む匂いや、ニオイで印象が変わることはご存知のとおり。アメリカ人は子供の頃から徹底的に教育を受けているので、日本人が知っている事以上にニオイに関する知識やニオイで女性を惹きつける方法はお手の物です。さらには、ニオイの慣れもあります。子供の頃からニオイと境遇しているからこそ、デオドラントやフレグランスの香りには鼻は慣れているはず。

だからこそ、強い匂いを好むのではと思います。

ニオイが強いのは、アメリカ人の異性に対する本能と、子供の頃からの習慣から出来上がった結果とも言えますね。

まとめ

今回は、外国員の匂いの強さについて紹介しました。あくまでも、一般的な傾向についての記述のため、もちろん人によっては違う、ということもあるかと思います。

香りの捉え方や、楽しみ方は人それぞれですので、自分に合った方法で好きな香りに満たされる生活を送ってみてはいかがでしょうか。最近では食品で脇のニオイを緩和するものもありますので、ぜひお試し下さい。

     

SMELLは体臭や口臭、その他ニオイについてのお悩み相談を受け付けています。

お気軽にお友達追加どうぞ!
 

友だち追加  

▼instagramはこちらからフォローできます!