若い男性にも加齢臭!?今流行りの「若年性加齢臭」に迫る!

若い男性にも加齢臭!?今流行りの「若年性加齢臭」に迫る!

満員電車の時に感じるツンとしたニオイや、エレベーターに乗った時に目の前におじさんがいた時の忘れられないあのニオイ。これをみなさんは、「加齢臭」とお呼びではないでしょうか。文字通り、”年齢が重なるにつれて臭う”と書きますが、おじさん特有のニオイだけではないんです。

最近では20代、30代でもこのニオイを引き起こしていると提唱するカウンセラーや、医師による研究結果があるのです。

そしてこの若い方に起こるニオイのことを若年性加齢臭と呼んでいるそうです。

見た目がおじさんのような人だけなのでは?と思っていませんか。

しかし、見た目とは関係なく、自分はまだ若いから大丈夫と思っている人こそ、案外なっているかも。

ではこの若年性加齢臭とはどういうものなのでしょうか。

 

 

若年性加齢臭とは

自分のお父さんや、上司の方など、40代~50代の人の傍に行くとあのツーンとくるニオイがありますよね。

歳を重ねていくうちに「ノネナール」というニオイ物質が体のいたるところに増えてきて、それが原因になっているのです。

特に出やすいところが、頭・耳のうしろ・首のうしろ・胸・脇・背中といった、主に上半身に集中しているのです。

人と接する上でニオイを感じとる所の周囲にこのニオイ物質があるなんて、神様のいたずらなのでしょうか。

ノネナールは男女問わずに発生するため、女性でもこのニオイは発生するのです。

 

若年性加齢臭は40代からだけではない

ノネナールが発生しないとニオイが出ないのでは?若いから大丈夫では?と思われる方も多いかと思います。

しかし、このノネナールは40代ころから発生すると言われ続けてきましたが、なんと最近の研究結果では、20代にも発生していることがわかったのです。

このノネナールは年齢を重ねるだけで発生するのではないということ。

年を取ると、体内のコレステロールや中性脂肪が酸化され、過酸化脂質というものができます。

 

この過酸化脂質がどんどん皮脂を酸化していくことで、いろいろなニオイ物質がつくられます。

そこに、ノネナールというニオイ成分も含まれているのです。

これは、食生活やストレスによる生活習慣の乱れが原因でノネナールの発生を後押ししているとも言えます。

これこそが若年性加齢臭と言えるでしょう。

 

さらに、ノネナールがよく言う原因ですが、若い方でこの臭いが漂っているということは、若いながら体内で老化が進行している証拠でもあるので、若くして体臭が変わってきたら病気のシグナルとも言えます。

若いうちは男女ともに体臭の嫌なニオイは無い方が良いですよね。

そのほうが恋愛にも仕事にも絶対的に有利と言えます。

 

これを抑える最も効果のある対策は、食生活の見直しです。ニオイ対策はこれに尽きます。

肉類、マヨネーズ、バター、マーガリンなどの脂質を控え、野菜や果物を食べる。

活性酸素を減らすビタミンCやEなどを十分に取ることが大切です。

若いうちは食べ盛りであり、最近では食ブームが流行しているため美味しいものにはつい手が出がちですが、食生活を見直すことで臭いを予防でき、恋愛・仕事において有効なのであれば、少しずつでも改善していったほうが良いですよね。

 

若年性加齢臭にならないために商品開発を

活性酸素を減らすものといえば、抗酸化食品の積極的な摂取です。

しかし、これを食事で補おうとするとかなりの量を食べないといけません。

ではどうすればよいか。

そこで私は、少しでも若い方の若年性加齢臭を無くし、もっともっと自分に自信を持ってもらおうと、サプリメントの開発を行っています。

まとめ

加齢臭をできるだけ早く発生させない若年性加齢臭にならないためにも、日頃からの生活習慣の見直しから行いましょう。

また、食品で体のニオイを緩和するものもあり、加齢臭にも効果がありますのでぜひお試し下さい。そして、いつまでも若さを手に続けましょう。

     

SMELLは体臭や口臭、その他ニオイについてのお悩み相談を受け付けています。

お気軽にお友達追加どうぞ!
 

友だち追加  

▼instagramはこちらからフォローできます!